nginx上でphpMyAdminを動かす方法 in CentOS 7.3 and php7.1

phpMyAdminのダウンロード

下記のサイトより、自身のバージョンに合わせてダウンロード
phpMyAdmin - Downloads

/var/www/phpmyadmin
に置く場合

cd /var/www
wget https://files.phpmyadmin.net/phpMyAdmin/4.7.1/phpMyAdmin-4.7.1-all-languages.tar.gz

解答

tar -zxvf phpMyAdmin-4.7.1-all-languages.tar.gz

リネーム

mv phpMyAdmin-4.7.1-all-languages phpmyadmin

後片付け

rm -rf phpMyAdmin-4.7.1-all-languages.tar.gz

CentOS 7.3にMariaDBの最新安定版をインストールして使用する方法

すでに入っているかを確認

rpm -qa | grep maria

yum リポジトリの追加

vim /etc/yum.repos.d/MariaDB.repo
[mariadb]
name = MariaDB
baseurl = http://yum.mariadb.org/10.1/centos7-amd64
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1

yumを使ってインストー

yum -y install --enablerepo=mariadb MariaDB-common MariaDB-devel MariaDB-shared MariaDB-compat MariaDB-server MariaDB-client

確認

rpm -qa | grep Maria

設定ファイルを持ってくる

MariaDBにて設定ファイルが置いている場所は

/etc/my.conf
/etc/my.conf.d/

です。
ですが、共に中身が空っぽなので
/usr/share/mysql/
以下に置いてある
サンプルファイルをコピーします。

CentOS 7.3でWebページが外部に公開されない時に確認するポイント

ファイアウォール(Firewalld)の設定

CentOS6まで使われていた「iptables」から
CentOS7では「Firewalld」がデフォルトしようされるようになりました。

Firewalldでは「どの通信を許可/拒否するか」の設定を行います。

HTTP(80番ポート)とHTTPS(443番ポート)の通信を許可するには

firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent
firewall-cmd --add-service=https --zone=public --permanent
firewall-cmd --reload

現状の通信を許可しているサービスの確認

firewall-cmd --list-service

nginx上でphp7.1を動かす方法 in CentOS 7.3

php-fpmのインストー

yum -y install php-fpm

php-fpmの設定ファイルの変更

まずは、念のためバックアップ

cp /etc/php-fpm.d/www.conf /etc/php-fpm.d/www.conf.default


apacheとなっているところをnginxへ変更

; Unix user/group of processes
; Note: The user is mandatory. If the group is not set, the default user's group
;       will be used.
; RPM: apache Choosed to be able to access some dir as httpd
; user = apache
user = nginx
; RPM: Keep a group allowed to write in log dir.
; group = apache
group = nginx

nginxの設定ファイルの変更

まずは、念のためバックアップ

cp /etc/nginx/conf.d/default.conf /etc/nginx/conf.d/default.conf.default

ドキュメントルートの変更とphpファイルの認識

    location / {
#        root   /usr/share/nginx/html;
        root   /var/www;
#        index  index.html index.htm;
        index  index.php;
    }
    location ~ \.php$ {
    #    root           html;
    root           /var/www;
    fastcgi_pass   127.0.0.1:9000;
    fastcgi_index  index.php;
    fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  /var/www$fastcgi_script_name;
    include        fastcgi_params;
    }

php-fpmの起動

systemctl start php-fpm

nginxの再起動

systemctl restart nginx 

nginxとphp7.1の用意は下記のエントリーをご確認ください。

linuxcommand.hatenablog.com

linuxcommand.hatenablog.com

CentOS 7.3にnginxの最新安定版をインストールする方法

設定ファイルの追加

/etc/yum.repos.d/以下にnginx.repoファイルの作成

vim /etc/yum.repos.d/nginx.repo

下記の内容を記述

[nginx]
name=nginx repo
baseurl=http://nginx.org/packages/centos/7/$basearch/
gpgcheck=0
enabled=1

yumでインストー

yum -y --enablerepo=nginx install nginx

無事にインストールされたか確認

nginx -v

起動

systemctl start nginx

自動起動の登録

systemctl enable nginx.service

CentOS 7.3にphp7.1をインストールする方法

まずは現状のphpのバージョン確認

php -v

これで

PHP 5.6.30 (cli) (built: Apr 24 2017 04:59:14)

とかだったら

さくっと削除

yum remove php

EPELリポジトリの追加

yum install epel-release 

すでに入ってる場合が多いです。
その際には

Package epel-release-7-9.noarch already installed and latest version
Nothing to do

既に最新バージョンが入っているから
何もしなくていいぞ!
とメッセージが

Remiリポジトリの追加

rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

PHP7をインストー

yum install --enablerepo=remi-php71 php php-cli php-common php-devel php-fpm php-gd php-mbstring php-mysqlnd php-pdo php-pear php-pecl-apcu php-soap php-xml php-xmlrpc


最新を確認

http://rpms.famillecollet.com/enterprise/
今回はCentOS7.3なので
http://rpms.famillecollet.com/enterprise/7.3/
Les RPM de Remi - enterprise - 7 - php71 - x86_64

yumを最新バージョンにする

yumを最新バージョンにする

yum update

初めにこれを行うと30分ほど時間がかかるので
時間に余裕がある時に実行してください。