CentOS 7.3にMariaDBの最新安定版をインストールして使用する方法

すでに入っているかを確認

rpm -qa | grep maria

yum リポジトリの追加

vim /etc/yum.repos.d/MariaDB.repo
[mariadb]
name = MariaDB
baseurl = http://yum.mariadb.org/10.1/centos7-amd64
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1

yumを使ってインストー

yum -y install --enablerepo=mariadb MariaDB-common MariaDB-devel MariaDB-shared MariaDB-compat MariaDB-server MariaDB-client

確認

rpm -qa | grep Maria

設定ファイルを持ってくる

MariaDBにて設定ファイルが置いている場所は

/etc/my.conf
/etc/my.conf.d/

です。
ですが、共に中身が空っぽなので
/usr/share/mysql/
以下に置いてある
サンプルファイルをコピーします。